家づくりの大切さ


Categories

  • カテゴリーなし

私は十数年前に初めて「家づくり」をしましたが、その時に、初めて気付いた、初めて家を建てる人に知ってほしい、「家づくり」の重要な要点の一つを述べます。
「家づくり」をするにあたって、広いリビングがほしい、将来、自由にリフォームしたいというのは、多くの人が思っていることだと思います。でも、家を建てるメーカーによって、家の設計の自由度は大きく違っています。
12畳のリビングがほしいと言っても、12畳のリビングが作れないハウスメーカーもあるのです。
「家づくり」をするにあたっては、設計の自由度を検討することは重要です。


 なぜ、12畳のリビングが作れないのか、それは、家の構造上、2階部分を支えるためには、柱や壁が必要だからです。外壁で2階を支える構造、柱で2階を支える構造、どのように家を設計するのかは、ハウスメーカーによって異なります。
柱で家を支える構造の場合、2階部分を支えるために、12畳の部屋の真ん中に柱を作ることもあります。
この柱は邪魔でしょう。
また、部屋の壁で2階部分を支える構造もありますが、この場合、リフォームのために壁を取り払うことはできないでしょう。
「家づくり」にあたっては、ハウスメーカーの設計の自由度も是非検討して下さい。
家づくりにおいて重視することを決めるのは大切な事です。私は家づくりにおいて重視することがあります。
「家づくり」をするにあたっての設計の自由度の大切さそれは床です。
床と言うよりは畳であることが重要です。
私は和室が好きなので、家づくりをするときはフローリングではなく畳にしたいのです。和室はとても落ち着きますね。日本人だからでしょうか。
新しい畳の匂いは私の気持ちを落ち着かせてくれます。
家の外に竹でも生やしたら最高に雰囲気が出ますね。
ですから、私は和室が好きなのです。



家づくりにおいて重視することは他にもあります。
それは部屋の壁の色です。
壁の色が真っ白だったら少し疲れてしまいます。
ですから少し茶色がかった落ち着いた色が良いですね。
ベージュと言う色でしょうか。
家づくりをすることはとても難しいですが、やりがいもありますね。
家はずっと住んでいくものです。
ですから家づくりはこだわらないといけません。
そして家づくりにこだわって完成した家は毎日住む事が楽しくなるような家でしょう。